ぽて日記

カメラと本と思考と。

湊かなえ『ユートピア』 読み終わった感想、考えたことなど ※ネタバレあり

 

なんとも久しぶりに、小説を読んだ。

その小説は、湊かなえさんの『ユートピア

 

なんかいろいろ考えたり感じたことがあったので書きます。

 

 

【私の物語の好み】

 

私は基本的に、本は小説しか読まない。

そして小説も、サスペンスやイヤミス系がほとんどである。

それでなければ時代小説(これは歴史オタクのときにお世話になっていた)。

 

恋愛系の小説はほとんど読まない。

読んだことがあるのは、最近でいうと

住野よるさんの「君の膵臓を食べたい」 と

長谷川夕さんの「僕は君を殺せない」 の2作品くらい。

 

本が好きなので恋愛系の小説も読みたいと思っているが、それでも本屋で手にするのは専らミステリー小説や推理モノばかり。

ドラマに関しても同じことが言える。

 

どうして私はこんなに偏った趣向なのか?と最近特によく考えていたが、

本作品の最後「解説」を読んでなんとなく答えが見つかった気がする。

 

 

その答えというのは、ありきたりだけど

 

見えなかった真実が段々はっきりしてくる快感と、

自分がその場にいて推理している臨場感を味わえるから

 

「騙されたっ!!」となるような

巧妙なトリックに引っかかるのが楽しいから。

 

やっぱりこれなのかなと思う。

 

 

特に湊かなえさんは昔からファンだけど、なぜ彼女の作品に惹かれるのか、

それをわたしは今まで

「物語の中にある数々の伏線が複雑に絡み合い、

 最後の最後に大きな一つの流れになってすべて回収される」

この点に評価の比重を置いていた。

 

でも、「解説」されていた

登場人物同士の「強い主観」がぶつかり合う

という彼女の作品の特徴。

この文章を見たときに、

「(私が彼女に惹かれているのは)これだ!!!!!」と思った。

 

湊かなえさんの物語は数人の登場人物の主観で進められていくことが大半であると感じるが、

その登場人物一人ひとりの気持ちがリアルに表現されていて、時に恐ろしいと思うほどである。

 

そんな主観がぶつかり合った時に最も、読者の私は

人間関係の闇のような、真理のようなものに触れるような気がして、

その時間がなんとも苦くて、ハラハラして、好きである。

 

そして、最後も心の底から「ハッピーエンド」と言えたことがない。

イヤミスの醍醐味

それがとてもリアルで、良い。

 

 

わたしの脳内がサイコであると思われそうなので

この辺にしておく。

 

 

 

【この作品について】

 

ネタバレを含むので

苦手な方はここで読むのをお辞めください。

 

 

 

具体的な内容。

この作品の一つのキーワードは「翼」

 

●●●●●

 

鼻崎町を舞台に、3人の女性  堂場菜々子(地元人)、相場洸稀(転勤族)、星川すみれ(芸術村の陶芸家)  を中心として物語が進む。

鼻崎町は海に面する自然豊かな地域。端的に言うと、田舎である。

日本有数の食品加工会社、八海水産(通称:ハッスイ)の国内最大規模の工場があったので一時期は人口も多くにぎわっていたが、最近はハッスイの売り上げも頭打ちで人もまばらになってきた。

 

そんな鼻崎町を活性化しようと立ち上がったのが、鼻崎岬の「芸術村」に住むアーティストたち。すみれを中心に、すみれのパートナー宮原健吾やその他数人の芸術家が先導し、商店街で行われる祭りを従来とは違ったテイストに仕上げ、成功を収めたかと思われたが…

 

祭りの企画で、クラムチャウダーとエビマヨコロッケの無料販売を行っていた料理屋が火事に。その影響で洸稀の娘 彩也子がケガを負う。交通事故で歩けなくなり、車いすで生活をしている菜々子の娘 久美香を助けようとしたためである。

 

そんな子供二人は祭りを通して仲良くなり、そのケガによってさらに親睦を深める。

彩也子が久美香に、すみれの作った翼のストラップをプレゼントしたことが1つのトリガーポイントとなり、物語が展開する。

 

彩也子が久美香にあてた詩「翼をください」が新聞に掲載、それをきっかけに芸術村のすみれは自分の翼の作品をその詩とともにネットで拡散。車いすで生活をしている人を支援する会、「クララの翼」を立ちあげ、売上を支援団体に寄付するボランティア活動を始めた。

予想以上の反響で、雑誌やテレビにまで取材を受けるほどのものになった。

 

しかし喜んだのも初めだけで、彼女たちの活動をよく思わない人たちも出てきた。

また、ある噂がネットで流れはじめ……

 

 

 

 

 

ところで、鼻崎岬では、昔殺人事件があった。

その場所を近年、芸術家が集う街「芸術村」として再興した。

殺人事件の犯人は「芝田」という人物。

「お前、芝田か?」の指名手配のチラシは全国で有名である。

 

 

 

 

 

クララの翼」の活動も潮時を迎えたころ、菜々子のもとに一通のファクスが届いた。

『子どもたちは預かった。無事返してほしければ、今夜10時、鼻崎灯台(鼻崎岬)に金を持ってこい。警察に知らせると子どもたちの命はない』

 

 

 

 

 

最近、「殺人犯が帰ってきた」と専ら町の噂であった。

芝田である。

菜々子の夫修一は、このファクスを見た時に「芝田かな」と口にした。

久美香と彩也子は誘拐されてしまった。あの殺人事件の犯人芝田に…。

 

洸稀とその夫に連絡して対策を話そうとしたほぼ同時刻、

斜向かいの住民が岬の方を指さし、何か只事ではないような雰囲気で話しているのが見えた。

 

「岬のほうが火事なんだって」

 

 

駆けつけると、火の手は商店街の祭りの時とは比べ物にならないほど燃え上っていた。

出火元は、すみれの工房。パートナーの宮原健吾が建ててくれた。

そんな炎の中から、久美香と沙也加が出てきた。

 

久美香は、自分の足で立っていた。

 

 

 

 

火事の騒ぎも収まった数週間後、さらなるニュースが飛び込んできた。

燃えた工房の下から、白骨死体が発見されたのである。

 

 

 

芝田の遺体だった。

 

●●●●●

 

 

 

内容は、こんな感じ。

色々端折りすぎてとても申し訳ない。

 

もっと伏線がそこかしこにちりばめられているので気になる方は読んでみてください。

 

 

さて、私はネタバレになる、と言いながらこの作品の一番のネタバレを言っていない。

その核心に迫る内容をあえて書いていない、と言った方が正しいのか。

 

ここまで読んで、内容をなんとなくつかんでもらえていたらありがたい…が、

上手くまとめられた自信が全くない。

 

 

ここで考えられる疑問点をいくつか挙げてみる。

 

① ネットでのある噂って何?

② 久美香と彩也子はなぜ一緒にいたの?

③ 芝田はなぜ死んでいたのか?

④ 岬での火事はなんだったのか?

 

こんなところだろうか。

 

順に解説していく。

 

① ネットでのある噂とは、

「久美香ちゃんは実は歩けるんじゃないか」というもの。

その噂は女子高生が発端である。

また、久美香と同じ小学校の同級生もそんな風に噂している。

その噂はもともと町中に広がっていたが、みんな口に出さない。

ネットに一つ書き込みがされたことで、町の住民もネットに同じようなことを書き込み始めた。

 

 

 

②その日は放課後、2人一緒に図書館で工作教室みたいなものに参加するといっていたから。

 

 

③、④はこの物語の核心。

2つを解説しようと思ったが、やめた。

③に関しては推測の域を出ないし、

④は自分で読んで確かめてもらった方が、スリルがあって楽しいので。

 

 

 

え?気になる…?(誰も言ってない)

仕方ないなあ。

 

では、この物語の黒幕だけ伝えておく。

それは、宮原健吾。すみれのパートナーである。

 

 

 

 

感想。感じたこと。考えたこと。

 

このブログに物語の簡単な顛末を書くのにさえ

「あの内容も入れるか?」

「でも入れたらもっと長くなってしまう…」

と葛藤をしたのだから、物語の伏線の量は尋常じゃないと改めて感じた。

 

 

 

そして、物語のクライマックス。

彩也子の日記で、全ての真相が明らかになる。

それを読んだ時の「うわ………」という、

唖然というのか、呆然というのか、

 

真実が明らかになったのに

やりきれない気持ちだけが残る感覚。

 

物語を読み終え本を閉じた後も、

しばらく脳内を物語に支配される感覚。

 

 

そんな感覚が、少し不気味で、でも心地よくて、

私は、そんなイヤミスの中毒性の虜になってしまっている。

 

 

 

 

「善意は悪意より恐ろしい」

 

この本の帯である。

一度読んだだけだから、この意味がきちんとつかめていないかもしれないが、なんとなくわかったような気もする。

この物語の登場人物には、悪意に満ちた人はいなかった。

 

ここでいう善意は、人にやさしくしようとか、思いやりを持とうとか、そういう次元の「善意」ではなくて、もう一歩踏み込んだ「善意」

人の気持ちを汲み取り、その人が不快にならないように、動揺しないように、

先に立ちまわったり、あえて遠回りをしたり。

そういう善意かな。

 

あとは、民法とか刑法とか、そういうものを勉強するときの「善意」の意味も含まれているような気がした。(善意:ある事項について知らないこと。)

 

 

 

物語の中で、主観がぶつかり合っていた。恐ろしいほどに。

でも、直接はぶつけない。

それを「優しさ」だと思う人間たちの物語だったが、それは本当に優しさだったのか。

甚だ難しい疑問である。

 

 

 

噂が数日で町中に広まる様子。

噂が1日で広まる田舎に育った私には、十分すぎるほどリアルで恐ろしかった。

 

 

憧れの町ユートピアは、自分の心の中にしか存在しないのだと

確信を持たせてくれた とても素敵な作品だった。

 

 

 

 

 

ユートピア (集英社文庫)

ユートピア (集英社文庫)